忍者ブログ
だららんのそのそのほほん日記
[815]  [814]  [813]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都から帰ってきてましたー!
至福すぎる二日間でした。にょふにょふ。
某おふた方にご迷惑をかけまくり。お宝絵をげっとし。うふふふふ。
幸せ具合はまだまだおさまりそうにありません。

続きはばとん。
ついったでどんぶらこと流れてきたのが、面白かったので、拾い上げました。

バトン元: http://twishort.com/ado4l

【サイト物語化バトン】
オリジナル創作サイト向けのバトンです。

00.はじめに:サイト物語化とは
サイト名をタイトルにした物語を、そのサイトの作品傾向、サイトデザイン等々サイトのすべての要素から妄想すること。
このバトンではおもに『ジャンル』『煽り文』『あらすじ』『主要登場人物』の四要素を考えていただきます。
それ以外にも思いついたことがありましたら、どんどん書くといいと思います!

01.どなたから回ってきましたか? 回ってきたサイトの物語化をお願いします。

トップバッターは、01・02、自サイトでもOKとのことでしたので、うちの森で…ふんばる。

・サイト名(=物語名と管理人名)
お世話になっとります。「あるひの森の中」あるひ

・ジャンル
魔法世界の意味はあるのか?!なファンタジー多め。

・煽り文
遠い地平を見下ろすと、誰も気づかないような場所に、その森はあったのです。

・あらすじ
ある日、しつけ係からこっぴどくしかられたコウジアは、屋敷の中で古い階段を見つけた。
憂さ晴らしでもしようと、興味本位で登った階段の終着点はどうやら屋敷の東塔だった。
遥か眼下に広がる景色の端。彼女は、見慣れない森の存在に初めて気づく。
忘れ去られた森の奥。連なる過去に置いていかれた者の物語。

・主要登場人物
主人公: コウジア(16歳少女)割とよいとこのお嬢さん 短気
相方: デント(?歳 少年) 森にすむ記憶 元気 話し好き 話が通じない 
侍女: ベル(21歳) 心配性
しつけ係: キール(38歳 女性) 口うるさい
兄: グラマス(22歳) 妹に甘い

・その他妄想したことがあれば
コウジアは、森に通う。お弁当詰めて持っていく。
デントは緑っぽい。
コ「ねぇ、前から思ってたのだけど、なんだかデントの身体は緑っぽいよね」
デ「僕は気に入っているんだけどね。きれいだろう?」
コ「きれいだけれど」
デ「(嬉しげ)コウジアもしばらくここにいれば同じ色になれるよ」
コ「…遠慮しておくわ」

02.その物語化の根拠を教えてください
トップが、観覧車なので、世界を見下ろせる位置。あと、塔とか砦とか、高い位置から遥か彼方を見おろすばっかり多いから。
女の子は(-_i_a)終わりが多いから。(exカザリア、ホーリラ、トゥイリカ、シィシア、アジカ)なんでだ。
あと、なぜか人外は男が多い。(前、手元で考えてたのが人外=女が多かったので意識してたら意識しすぎて逆転した)
基本的に周りが心配性で口うるさい特徴がある。
基本的に姉兄が、弟妹に甘い。甘すぎる。基本許してしまう人が多い。

03.次にバトンを回す方の名前のサイトとサイト名を好きなだけ挙げてください。
るうあさんとくまごろうさんを生贄に!←
10月10日生まれ!おたんじょうびおめでとうございます。

【るうあさん】
・サイト名(=物語名)と管理人名
真夜中の箱庭」るうあさん

・ジャンル
ファンタジー。現代。やさしくあったかな恋愛もの。

・煽り文
降りてみたいと、願ったことがあった。

・あらすじ
アンティークショップで一目ぼれしてして買った机。
ただ一箇所。引き出しに鍵がかかっていることに気付いた彩花は、知人の鍵屋に頼んで引き出しを開けてもらうことにした。
一体いつからそこにあったのか。引き出しには古びた1冊のノートがあった。
綴じ糸は随分脆くなっていたのだろう。彩花が誤って取り落とした瞬間、ノートはばらばらに散乱した。
足元に散らばったノート。
走り書きとも日記とも取りかねないそれは、どうやら物語のようで。
彩花はつま先にあったノートの一枚を取り上げる。
「『いらっしゃい』彼は優しく手招きをする。口元に軽やかな微笑を浮かべて」
ノートに書かれたたった一行の言葉。文になぞらえて口を動かした瞬間、彩花の世界は反転した。
『いらっしゃい』と彼は、文面の通りに微笑う。
物語の中を訪ね歩く、異世界訪問ファンタジー。

主人公: 彩花(さいか 27歳) しっかりもの。冷静なんだけど、たまに天然。
旅先案内人: 愁人(しゅうと) ノートの書き手。微笑みが極上。かっこいい。ちょっとうわて。でも彩花さんの仕草や言動にやられて照れる。

・その他妄想したことがあれば
彩花は愁人の手を取る瞬間に、ほんのり頬があかくなるといい。

彩「すてきだったわ!」
愁「ありがとう」
彩「私、子どもの頃はね、こんな物語の中に入ってみたいと何度思ったかしれないわ。ほんとうよ」
愁「そう言ってくれると嬉しいよ。これは僕にとって大切な物語だから。さぁ、次へ行こう。次のもきっと気に入る」(手を差し出す)
彩(ほんのりあかくなる。ためらいつつも指先をちょこんとのせる)

そして、おわりがちょみっと切なかったりするといい。

【くまごろうさん】
・サイト名(=物語名)と管理人名
border-SKY」くまごろうさん

・ジャンル
ファンタジー。 艶。 艶。 そこはかとなくあふれでる艶。

・煽り文
祈りは届くはずだった。
君は確かにそう言ったんだ。

・あらすじ
空中に広がる都市。
白い石壁にかたどられた世界にあるのは温度のない白と目が痛いばかりの青だけだった。
流れて行くばかりの空に嫌気がさしていた配達員のキリトは、配達の途中で一人の少女と見たこともない大鳥に出会う。それは、彼の運命を変える出会いだった。
傷だらけの少女は、命を失った大鳥にすがりついて泣く。
「うみ」と言う場所が、この都市の下にあるのだと。
空ばかりだと思っていた空に終わりがあるのだと彼女は語った。
今ではたったひとにぎり。
空を離れて「うみ」に降り、この都市に繁栄をもたらし続けた一族の末裔だという少女。
かけた歯車はもうまわらない。
ここがココとなった理由。キリトは、はからずもこの都市の本当の意味を知ることになる。

・主要登場人物
主人公: キリト(配達員 15歳) 手を引っ張っていく(いきたい)タイプ 割合しっかりもの
ヒロイン: ニィア(境目の末裔 少女 15歳) 芯が通ってる がんばりや 胸はない。
お姐さん: ジーク(道具屋 28歳) 艶美人。 ニィアの知り合い。 美人。 美人。
街のお偉い人たち : 境目の存在と意義を終了させようとしている。

・その他妄想したことがあれば
キリトには走り抜けヒーローであってほしい。はい。もう、ほんと。かっこいい少年いいよね!←

「早く!」
 キリトは、がれきの隙間から手を伸ばす。
 あとは、ニィアを引き上げてしまえばいいだけだ。たったそれだけ。
 なのに、彼の腕はニィアの場所に届くには、まだいくらか足りなかった。
「だめ」
 必死にキリトの手を取ろうと、腕を伸ばしていたニィアは、焦りに首を振った。
 このままでは二人とも捕まってしまうだろう。
 この穴なら、大人の男たちは通れまい。
 少女は頭上のがれきの奥に見えるキリトに向かって静かに首を振る。そうして彼女は踵を返し、その場から離れた。

といいつつ、かっこよく助けられないといい。という自分の願望を入れとく。(こら)

05.その物語化の根拠を教えてください。
【真夜中の箱庭】
とにかくおとこのこがすてきかっこいい。そしておんなのこがかわいいいいいいいいいいいい!から。
そして、現在るうあさん宅トップのノート。るうあさん宅のデザインはいつもきれいめで、すき。
ひとつひとつがあったかくてやわらかくてほっとするような優しい物語。シリーズもの。短編でもまとまりつつも、他のシリーズ短編ときれずに、繋がってる。
特に「六花の祈り」が好き。個人的プッシュ。大プッシュ。ので、ちょい切なめ要素もあり。
あとあと、るうあさんも仰ってましたけど「真夜中の箱庭」という名前、ホラーとも童話とも取れるような。そういう不思議な要素をもっていそうなわくわく感。だけども、箱庭と閉めているところで、なんだかわたしにはぴりっと感もありまして。そういった面でも、若干せつなめ要素ありで!はい。

【border-SKY】
これはもう、かんぜんにくまさん宅のサイトの色とかデザインとかに影響されまくりです。はい。
なんかあのコンクリートのような、雪と言うよりも氷壁のような、骨のような白のデザインと、目に鮮やかな空。
そして、空の向こうにある言葉。
だからこそ、なんか、ひねくれごころが起こり(こら)、海だと思いました。でもそれはやっぱり空あってこその海だと思う。
あと、なんか、男の子はすくってるようでいて、女の子にすくわれているような気がするので(ほめてるよ!)
夢屋がすきです!夢屋!
艶美人は、ぼんきゅっぼんというわけではなく、きっと、別に体つきはえろくないのに、えろいんだと思います。
仕草とか、息のつぎかたとか、ええ。くまさんだから。

06.お疲れさまでした!
お疲れさまでしたー。
といいますか、まきこまれたお二方すみませんでしたー。
たぶんまとはずれなこといいまくってたりするかもですけど、ふたりはゆるしてくれるって信じてる!
あい びりーぶ ゆー !

読んでくださった方も、お疲れさまでした!
お付き合いありがとうございました!


PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとぉぉぉ!
あれですよ、彩花の話書いてください。
異世界「訪問」というのがいいです。
ラスト、愁人とは別れることになるのですよ、きっと。でもいつか彩花が絵本書きかイラストレーターにでもなって、そして年老いて、やがて天に召されそうな時にでもまた愁人は迎えに来てくれるといいな。
切なめだとそんな感じかな?

ごろさんとこもいいわー。
えろだよね、うんえろ!
しかし「胸はない」(笑)キャラは当然いるっていうね。

このバトン、もらって帰ります――が!
実は自サイト名でうっかり一本短編書いちゃったので、それをバトン回答代わりにさせていただきます(^o^)/
すんばらしい誕生日祝いをありがとうございました! 幸せらーーーっ!
るうあ 2011/10/11(Tue)18:04:51 edit
>るうあさん
こんばんは、るうあさん!
「真夜中の箱庭」短編!楽しみにしとりますよ!
好き勝手書いてしまいましたが、とってもたのしかったです。
彩花さんは、るうあさんがお花くわしいというのもあって「彩花」さんなのでした。
私が書くと愁人さんがへたれること必至なので。スマートにかっこよくならないこと必至なので(笑)
るうあさんが書いてくださったらよいのに!と思いつつ書いておりました。
彩花、なりそうですよね。そして迎えにきてくれるといいなー!と。
ほんとうに。

くまさんですからね。胸ないは必須ですよね!
ときめきますしね!(笑)

お名前かしていただき、ありがとうございます。
お誕生日ほんとうにおめでとうございました!
るうあさんにとってしあわせな一年となりますように!
あるひ 2011/10/11(Tue)23:12:13 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[10/03 あるひ]
[10/02 もふもふ]
[10/11 あるひ]
[10/11 るうあ]
[07/27 あるひ]
バーコード
お天気情報
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.