忍者ブログ
だららんのそのそのほほん日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まだしてました、四周年企画。
まだ、四年目の周期です。大丈夫、行ける。まだまだ大丈夫!
甘いお題と、本編の進行状況をそっちのけで、通常営業お菓子組です。
大丈夫。一応甘い。うん甘い!

拍手ありがとうございます。
プリン食べたかったんです、私が。
PR
参加させていただいていたOPP企画が、昨日、閉幕となりました。
難しく、楽しく、あんまり違いが出るものですから、とても面白かったです。
普段書かない分、勉強になりました。
作品の一部は、まだ読むことが可能ですので、おおっと知らなかったよ!という方は、ぜひ一度覗いてみてください。

紅。
短いです。いままでで一番短くなってしまったというぶった切り感。
いつもは3000字は最低書くぞ!と意気込んでいるんですが、疲れたのと長くなりそうだったのとで切ってしまいました。
もさげは、字数気にせず書いてますが、紅は多い方だったのにな…!こんな時もある!
作者眼鏡をかけると、実己がひたすら紅かわいい紅いいこ紅かわいいな!と思いながら、うきうき山へピクニックへ行くという回です。あってます。これであってるんです。
妙に真面目ぶっているようにしか見えません、残念なことに!

拍手ありがとうございます!
さくさく出すことを目指だけはしています!
PoP分は拍手おまけです!
最近、神様のカルテを手にとる機会があって、読み始めたのですが、2巻で涙腺が決壊しました…!(1巻はこらえました)
べそべそと。いくつになっても突き刺さる。歳を重ねればこそリンクするものが増えて、べそーとなることがおおいのかもしれない。
2巻は花の名前で区切ってあったせいもあってか、流れる情景と花々の彩が目が痛むほどに美しかったです。
それにしてもハルは素敵な奥さんすぎて、嫁に欲しい。コーヒーが飲みたい。
映画は見てないのですけど、桜井君はあの口調でしゃべったのだろうかと思うとなにやら笑いがこみあげてきます。
ちょうど長野に行ったことがあったので、おぼろげにですが、地理がわかる!地理がわかるよ!!

テレビを見ているとびっくりするくらいの大雪に遭遇するにも関わらず、こちら側では梅、オオイヌイノフグリ、菜の花と花が咲き始めました。オオイヌノフグリは、咲くたびにときめく。

追記は、頂いた拍手コメントへのレスとなっております。

紫陽花いつぶりとか考えずとも、一年ぶりですな本編。
私はそれよりも明日起きれるのかの方が気になるですよ!いつもぎりぎり綱渡り!

双子の猫の日なんだそうですが。ねこー!(眠いようだ)

やっと、新年会までたどり着けました。よかったです。まだ屋敷見えてませんけど。

拍手ありがとうございます!
付き添いで、県警にいったりしていました。
人生何があるか分からない。
鈴木理策さんの写真集『white』がほしいです。

White―鈴木理策写真集 (nrd)
White―鈴木理策写真集 (nrd)

白い紙に、白い雪を転写したのならば、はたしてその白は何の白なのか、と。

そのようなことが書いてあるのをどこかでみまして、おかげで見たくてたまらないという。
その前に、yuki,sakuraという同じく鈴木さんの写真集が紹介してあるのを、偶然このあいだ出かけたときにみかけまして、その本自体はもうなかったのですが、展覧会の分『熊野 雪 桜』が、また綺麗でして…。
雪の表面が溶けるようにつややか。
雪の白から、桜の白への移り変わりと既視感。ほのやかにぬくみを帯びる桜の色がまた美しかったのです。
そんなこんなでwhiteが欲しい。
しかし、良いお値段なので、数日がまんしてたり。そのうちうっかり買いそうだ。
桜版も、出るらしいので、うん…!とりあえずwhiteが欲しい。です。
お財布と収納スペースと要相談。

忍者さんのブログが微妙に変わってて、わからなかった。
書くまでの道のりが長かった!

拍手ありがとうございます。
拍手にひとつだけ追加しておきましたー。ひとつ、だけorz
ネタがないので、お題に頼ることにしたのですが、埋まる気はしませんね(´∀`)v


今年は、月二回更新頑張るぞ!と意気込んでいたはずなのに、二月にはいってもまだ一つも更新されていないと言う謎。
ちまちま書いてます。書いてるんです一応。
紅か紫陽花が出るかと思います。と、ラピスの修正版を。きっと。春までには…!(自信がない)

最近、『若おかみは小学生』シリーズにはまってます。

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫―SLシリーズ)
若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫―SLシリーズ)

テンポがよいのと、やっぱり小学生~中学生向きのレーベルなのもあって、さらっと読めるのです。
いとこが借りてきていたのを手にとって、読み始めたら、おもしろく、やっぱり読むのはらくらくで……のくせに、にやにやがとまらないというとんでもない代物でした(ほめてる)
うりけんが出てきてからもうにやにやがとまらないのですが。ががが!(誰かわかって)
だが、わたしはうり坊派だ!(きぱっ)
友達に「若おかみが楽しい若おかみが楽しい」と訴えたら、「黒魔女さんが通るも楽しいよ」とおすすめされたので、読み終わったら黒魔女さんに挑戦しようともくろみ中です。

あとは、前から気になっていた『すべて真夜中の恋人たち』をちまちま読みはじめまして。なんだか、散歩にでかけたくなります。これを読んでいると無性に。ふらりと散歩に出かけたくなる。

 
本屋でみかけていたときから、装丁がものすごおおおくきれいですてきで好みだったのです。それこそ飾っておきたいくらいの好みだったのです。(家に場所がないので買ってはないんですが)
この本を借りた図書館は、あらゆるカバーをひっぱがすという、カバー好きの私からしてみると「ああああああ!」と叫びたくなる図書館なのですが。それゆえに、今回は、はじめてこの本のカバー下をみることになりまして、ささやかに配されたきらきらのかけらたちが、これまた好みでした。素敵。こういうシンプルで美しいセンスがほしい。
お手元にお持ちの方で、まだカバー下を見たことがない方は、ぜひ一度ひっぱがしてやってください。きらりと零れたかけらに出会えるはずですぞ!

それから、妹が「読んで!」とめずらしくもすすめてきた『知的な英語、好かれる英語』を読んでいます。

知的な英語、好かれる英語 (生活人新書)
知的な英語、好かれる英語 (生活人新書)

おもしろい、というより、なるほど!そうだよね!そりゃあそうだよね!という感じの面白さ。
英語の本として書かれているものだけれど、英語・アメリカでの対応に限らず、日本といいますか日々の生活の中でも言えると思う。マナーでもあり、ちょっとした言葉の気遣いなのだと思う。


そんなこんなで今日もなんとか暮らしています。
私にしてはめずらしく読書してます。読書の冬。

拍手ありがとうございます!
そろそろ拍手の中身を変えたい。自分で、変わらぬ中身に飽きてしまいましたヨ!
土日とセンターで、やっぱり今年も寒い日にセンターはくるのだなぁとしみじみしておりました。
センター試験を受けた方は、もしいたら、ひとまず、おつかれさまでした。
二月まで気を抜けない状態なのだろうと思いつつ、ちょっとほっとしますよね。センター終わると。
私事だとちょうど今日うちの学校は修士論文の提出日で、お手伝いしてきました。あんまり役に立ってないけど、ちょこっとだけ。
卒業論文はもうすこし早くに終わってるはずですよね。
提出してきた皆様、おつかれさまでした。現時点で、締め切りまであと七分。
今年の子たちはどうも優秀だったようで、よかった!ひと安心です。
あれは、出した後真っ白になりますよね。灰になる。
口頭試問を残しつつ、今日はゆっくりしてくれるといいなーとか思ってました。
何事にも余裕をもって取り組める人を本当に尊敬する。
今年は、自分の中で区切りの年なのです。だから、何ってわけでもないですが。

今年は、少し頑張りますね。
うん、がんばる。

今年度も、どうぞよろしくおねがいいたします。
まさかの二年ぶりの更新です…!
あと三回くらいで終わるってあの時言ったのは誰だよ。
あと、二三回の更新で、終わります、回数的には(きぱっ)
あげく、本編二年ぶりなのに紅でてきませんけども。

小話でことあるごとに書いていたので、まさか二年もあいているとは思っていなかった(吐血)
すんませんすんません。
そして、なんかちょっと暗いぞ?と思いつつ、他読み返したら、他とのテンションもあんまりかわらなかった。
らぶらぶぼけぼけしてるのは小話だけだった!
ぼのぼの言っていただけあった!

そんな、そんな紅を、今後ともどうぞよろしくお願いします…!(必死)

拍手ありがとうございますー。
明日から二日まで祖母の家に行ってきます。
今年も、どうもお世話になりました。
毎年言ってて結局したりもする年末年始企画ですが、今年こそ(?)できるかわからないので、早々に模様替えしたのですよ。ちょっときらびやかすぎる気もしなくもないけども、星空風味。
どこかにベツレムの星があるかもしれないとかうんたらかんたら言ってみます。
本当は年賀状代わりに、小冊子(普通の紙に印刷したのをホッチキスで留めるという簡単仕様な代物)送りつけ企画もしたかったのですが、どう考えても最近の傾向から、間に合わないよね!?と、あきらめモードに入りました。るるる。
今年は、とりあえずチャレンジしてみて、だめだったらあきらめような、突撃あたってくだけろな感じを目標にしていたのですが、はたしてどれだけ果たせたかというと、2割くらいかな?
来年はもっときちんと計画立てて、できるように、三日坊主癖をなくしつつ、がんばりたいなー。
ですが、まぁ、突撃!のおかげで、東京、長野、京都とばばばっとまわれたのはよかったかもしれません。
久しくしていなかった。こういうこと。
来年は、熊本に行きたいという予定があるので、熊本にいってくまもんのチロルチョコを買いあさってきます。
奈良さんの展覧会が熊本市にくるのです。焦がれてやまないタレルの天井もあるので、じっくりのんびりしてきたい。
阿蘇高原の維持と野焼きの話を聞いてから行きたかった阿蘇と。阿蘇にある葉祥明さんの絵本美術館にゆきたいのです。

 
クリスマスの話ではないですけど、「おくりものはナンニモナイ」。
最後のぎゅむ!がたまらなくいとしかったです。書店さんで手に取ったのですけど、今、おいてるとこがおおいかもしれません。シンプルかわいい。
ちなみにわんことネコです。
 
<<< 前のページ 次のページ >>>
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
[10/03 あるひ]
[10/02 もふもふ]
[10/11 あるひ]
[10/11 るうあ]
[07/27 あるひ]
バーコード
お天気情報
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.