忍者ブログ
だららんのそのそのほほん日記
[876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

突然えばーあふたー。
糖分不足でした現在。
山も落ちもないです。

「トゥーアナは、髪を結ったりしないのか」

 ふと。そう思って口にした。
 椅子に軽く腰掛けて、手紙を読んでいた彼女は、面をあげる。
 意外だったのか、虚をつかれたような顔をしているトゥーアナは、いつもにも増してひどく素面に見えた。

「髪を、ですか?」

 そうだ、と顎を引く。
 トゥーアナは考えるように首を傾げた。
 耳に掛けられていた淡い金色の髪が流れて肩にかかる。
 開け放たれた窓から迷いこんだ風が、ゆるやかに部屋の中を巡った。
 絶え間なくたゆたうカーテンに、気を盗られたのか、トゥーアナは光の差し込む窓に向けた目を一瞬細めた。

「結った方がよいですか」

 視線をこちらに戻して、トゥーアナが問う。紫の双眸の奥底が、微苦笑を含んできらめいた。

「さぁ。いつも結っても上の方を少しだけだろう。どうかと思っただけだ」
「結いあげると肩がこるんです」
「そうなのか」
「さぁ」

 口真似をしたトゥーアナは、可笑しそうに笑みをこぼして、目線を手元の手紙に戻した。
 結うでもなく流された背にかかる長い髪は、昼の光を受けて、淡くほころぶ。
 細い指先が紙を繰る。かさり。重なる二枚の紙が、ささやかに部屋中に響いた。

「こうしていた方が、風が吹いたときに、髪が風にそよいで気持ちがよいのですよ」
「そうなのか」

 思わず真面目に聞き返すと、トゥーアナは「さぁ」と含み笑いをする。

「どうでしょう」
「どうなんだ」

 問えば、答えを返すように、風が窓から吹き込んだ。
 トゥーアナの髪が風を含んで、ふわりと膨らむ。
 やがて、静かに落ち着いて、背に流れはじめた髪に、トゥーアナは顔を上げてひそやかに笑んだ。



 
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[10/03 あるひ]
[10/02 もふもふ]
[10/11 あるひ]
[10/11 るうあ]
[07/27 あるひ]
バーコード
お天気情報
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.